2020.04.07

令和2年度「入学式」

 

快晴に恵まれ春の足音のする4月7日(火)、令和2年度入学式が行われました。

新入生達は慣れない制服にとまどいながらもマスク姿で来校しました。

 

新型コロナウイルスの影響により式を自粛・延期する地域もある中、

当校では「座席間を離す」ことや「換気を行う」「マスクを着用する」

といった対応での実施となりました。

可能な限り「密閉」「密集」「密接」のリスクを避けた形です。

 

 

今年度は既存の普通科・調理科・情報科学科・福祉科に加えて看護科を新設した体制で新入生を迎え、

厳粛な雰囲気の中で入学式が行われました。

 

 

新入生宣誓では、新設された看護科を代表し工藤千弥さんが誓いの言葉を清々しく読み上げてくれました。

 

 

 真新しい制服に身を包んで高校生になられた皆さんは、大きな期待感を持ちながらも少し不安な気持ちがあって、なかなか肩の力が抜けないのではないでしょうか。勿論、教職員や在校生が皆さんをリードしていきますので、新生活に少しずつ慣れていきましょう。

 

 保護者の皆さま、本日は足を運んでいただきありがとうございました。成長していく子供たちを、温かく、時には厳しく指導して参ります。今後とも宜しくお願い致します。

 

 そして新入生の皆さん、本日は御入学おめでとうございます。