2020.06.19

調理科校内実習 韓国料理編

今年度2回目の調理科校内実習は、「たべ出したら止まらない!絶品韓国料理」。

韓国料理というと、「辛いけど健康的」というイメージですが、今回の校内実習は果たして!?

 

 

今回のおしながきは・・・

キンパ風混ぜご飯

大根と卵の韓国風煮物

野菜の韓国風スープ

やみつききゅうり

ミルクのコーヒーのプリン~ダルゴナ風~

 

「キンパ風混ぜご飯」はビビンバのような見た目ですが、キンパは本来は海苔巻きだそうです。今回は韓国のりをまぶした丼ぶりのアレンジ料理ということですね。

肉に味がしっかり染みてますね。肉?プルコギと言うそうです。

 

周りには韓国風煮物、スープ、きゅうり。

野菜たっぷりの内容でありながら、「野菜を食べさせられてる感」が全く無く、自然と口に入ってくるのが韓国料理の素晴らしいところなのかもしれませんね。

 

デザートは「ミルクとコーヒーのプリン~ダルゴナ風~」

ダルゴナとは、ふわふわ濃厚なクリーム状のコーヒーの事だそうです。

今回は創作デザートとして、プリンのような口当たりの滑らかなものに仕上げていました。

 

韓国料理の良いところを取り入れつつも、日本人に親しまれ易いようアレンジを加えるという、見事な校内実習でした!

 

次回の調理科校内実習は6月26日(金)

内容については、エレベーター前の張り紙の更新を待たれい!