2020.09.18

校内調理実習~つけ麺編~

来たる9月18日(金)、夏休みが明けて初の調理科校内実習が行われました。

「残暑吹き飛ぶ ウマ辛 ひんやり定食」ということで、

今回はなんと、つけ麺定食!!

校内のラーメン好き達が、ここ1階調理室へ集結したのでした・・・。

 

 

麺は食べ応えのある太麺で、喉越しが良く、卵の風味がしっかりあるタイプ。

つけダレはユニークな「ごま豆乳坦々」で、麺に絡みやすくなるよう「練りごま」を使用する等の工夫があったようです。

つけダレ自体も、チンゲン菜・挽肉・もやしで食べ応えバッチリ。

私も今日は持病のことも忘れて、スープまで全て頂きました。今日くらいはいいでしょう。

 

つけ麺の周りを中華サラダとプリンが飾ります。

ラーメンを食べたら野菜もバランス良く摂りましょう。

ほうじ茶のスイーツは最近の流行りのようですね。

 

これには流石の応援団長も、大満足の表情で完食しておりました。

 

調理科校内実習には多くの人が訪れるため、辛みや脂質などが過剰にならないよう配慮する方針があるようです。

今回、「つけ麺」ということで色々と心配していたのですが、それをバランスの良い定食として仕上げている所が素晴らしいですね。

チームでの工夫が感じられました。

 

もっと麺を食べたい・・・、そんな貴方に朗報です。

今年度の文化祭にて、調理科1年・2年による「ラーメン対決」が開催されます!

それぞれ、どのようなラーメンとなるかは未定とのこと。

ラーメン好きの皆さまはお腹を空かせておいて下さいね!