硬式野球部
2020.06.29

古豪五所川原農林高校との接戦・・・

6月28日の日曜日、前日からの天候は幾分回復・・・古豪五所川原農林高校は強力な打力を持つチームです。第1試合は勿論のこと油断できません・・・

この日も先発は小野・・・2回を投げて被安打ゼロ、四球1、三振3、無失点で長谷川に代わりました。

2回の攻撃では1アウトから川井がサードのエラーを誘い出塁し、このところ打撃が沈んでいた9番石郷がセンター前へタイムリーを打ち1点先制します。石郷は前日の弘前中央高校戦でも、2試合で計6本のヒットと少し調子が回復しつつあるようです。

2回にも先頭打者代打髙坂が初球を左中間へ運び3塁打を放つなど計2得点で、書番3回で3対0とリードします。

ところが、3回からマウンドへ上がった長谷川が4回につかまりました。1アウトから2塁打、単打、3塁打と3連続ヒットを浴び、更に2者連続四球・・・この回被安打4、四球2の5失点と逆転を許してしまいました。五農の強力打線の洗礼を浴びてしまい3対5と試合をひっくり返されます。

それでもその裏またまた髙坂の右中間3塁打から1点返して4対5として試合は後半へ・・・

6回には長谷川、滝本日、小野の3安打で1点返して5対5の同点としますが、その勅7回1点勝ち越され5対6・・・4回途中からマウンドへ上がった乗田はそれでも踏ん張ります。

勝ち越された7回裏、2アウト2塁から長谷川、髙坂の対無理が続き2点返して、またまた試合をひっくり返し7対6・・・そして迎えた最終回・・・

マウンドへ上がった1年八戸・・・1アウトから2塁打2本、3塁打1本の計被安打3、2失点・・・試合は7対8とシーソーゲーム・・・

9回裏、先頭打者石郷が四球を選び長谷川・・・当然犠打でしたが・・・なんと有りえないミスでキャッチャーフライとなりランナーは塁を進めることができません。しかし続く髙坂が左中間へタイムリー3塁打を放ち8対8の同点に追いつきました。

そして最後は、相手投手のワイルドピッチで髙坂がサヨナラのホームを踏み9対8で試合終了・・・

こうした接戦を最終的には勝利に持ち込めたのは、大きな経験になったのではないでしょうか。

 

第2試合は大澤がマウンドへ上がり試合が始まりましたが、五農の部員達の強力打線にいきなりつかまり3塁打3、2塁打2、単打1の被安打5、5失点で撃沈・・・

2回から三浦がマウンドへ上がるも3回被安打3、四球2で3失点・・・

序盤で0対7と大量リードを許し追いかける展開でしたが、4回から7回まで1点ずつ返して4対7と少しずつ点差を詰めていきます。4回からマウンドへ上がった滝本魁は五農打線を何とか喰い止めますが7回に1失点して4対8とされます。

しかし8回、2アウトから滝本日、八戸、工藤の連続安打で2点もぎ取り6対8・・・後2点差として8回裏の守りへ・・・しかし先頭打者に右中間へ2塁打を打たれ、ワイルドピッチで3塁へ進んだランナーに対してキャッチャー堀内がサード工藤へボールを投げますが悪送球・・・レフトへ転がるボールを8回の攻撃から出た成田が後ろへ捕逸・・・・五農は労せずして1点追加・・・

9回最後の攻撃も3人で終了して試合終了・・・今季初の第2試合敗戦となってしまいました。

五所川原農林高校の皆さん大変ありがとうございました。