硬式野球部
2020.08.08

課題多く・・・PartⅡ

8月9日に予定されていた野辺地西高校との練習試合は、前日夜からの雨予報をうけ急遽7日の午後に実施しました。

先発P滝本で試合開始・・・5回まで0対0の展開・・・

毎回ランナーを出しヒットも4本出るも点数につながりません。ここというところでフライアウト・・・

滝本は5回まで投げ四死球無し、被安打1と力投・・・しかしその陰に守備のミスが3つ・・・

打ち取ったボテボテの内野ゴロを処理できずもらったアウトを取りこぼす・・・1塁ベースカバーに入らない等・・・

折り返した6回の攻撃は、3~5番のクリーンナップが3人ともフライアウトで三者凡退・・・こういう攻撃の後は失点の雰囲気が当然のごとく漂います。

案の定、6回からマウンドに上がった八戸ですが1アウトからの2人目にセンター前へ単打・・・続く4番をレフトフライに打ち取り2アウトとしますが、そこから3社連続四球で押し出しで1点先制されてしまいました。

7回にも2アウトから打たれた当りはセンター左への単打・・・しかしその打球をセンター止めることができず3塁打にしてしまいます。そして追加点1点・・・8回にも1点追加されて計3点・・・

8回と9回には共に先頭バッターが出塁するもあと1本が出ず試合終了。1点も奪うことができずに0対3の敗戦となりました。

弘前中央高校戦、八戸商業高校戦共に見える課題は、この試合でも払拭することができず・・・課題を残したままリーグ戦へ突入となりそうです。