硬式野球部
2020.09.08

秋季地区予選2回戦 Vs青森東

トーナメント第2シードで迎えた2回戦対青森東高校

初回先攻で相手投手の立ち上りの不安定な投球から大量6点を先制・・・しかしその裏、先発八戸のど真ん中ストレートを2・3番に痛打され1点返されてしまいます。

2回には相手投手の四死球や暴投で2点追加してその差7点と広げましたが、裏の守備で痛恨の記録に残らない外野手の守備エラーが2つ発生しました。

6・7番に2連打浴びた八戸・・・8番相手に痛恨の暴投・・・1アウトとするもランナー2・3塁・・・

そして9番の当りはセカンドの右を抜け右中間へ転がり・・・ライト成田はその打球を止めることができず2塁打にしてしまい2点返されなおもランナー2塁・・・続く1番はセンターへの緩めのライナー・・・その打球をセンター竹内が万歳して3点目が入りなおもランナー2塁・・・

たまらずここで投手交代、滝本がマウンドへ・・・

その後5回に1点追加して9対4で試合は後半戦へ・・・

その後試合が大きく動いたのは7回・・・先頭打者竹内がライトライン際へ2塁打を放ち、そこから四死球を挟み怒涛の10安打13得点で22対4となり、7回コールドで試合終了・・・

試合序盤の記録に残らないエラー・・・攻撃押せ押せのムードで空振り三振攻守交代・・・公式戦で緊張し、練習通りいかないことがあるにしてもちぐはぐな試合展開・・・

昨日の試合の結果次の第1代表決定戦は青森北高校となりました。

リーグ戦準決勝で何とか勝利はしているものの、県大会出場をかけた次の試合に負けられないという今までと違うプレッシャーでうまくいかないことの方が多くあるのでは・・・

油断せず、11日(金)の試合へ向けた各選手の調整に期待します。