硬式野球部
2020.09.23

県大会出場はしたものの・・・

久々の県大会・・・初戦は八戸地区第3代表八戸西高校との試合でした。

八戸西高校は八戸地区公立学校でも県大会常連の強豪校・・・今季のエースは身長もある右腕の注目選手(準々決勝戦はスカウトも来ていました)・・・そのエースがシッカリと先発してきました。

初回先攻滝本がいきなりライトへヒットを放ちます。しかし、2番石郷は一塁手・3塁手の猛チャージに押されバントはピッチャー前へ・・・当然のことながら1-6-3で併殺され、あっという間の2アウト・・・

それでも、3番工藤が死球で出塁し4番八戸がレフトへヒットを放ち2アウト1・2塁の先制チャンスとします。しかし5番堀内はフルカウントまで粘るもセカンドゴロで先制点を奪うことができませんでした。

その裏先頭バッターを滝本は三振に仕留めますが続くバッターに四球・・・(延長12回140球の影響は残っているのです)3番は犠打で2アウト2塁とし、4番バッターを迎えます・・・滝本は力投して振り逃げにしたのですが、キャッチャーからの送球がそれて三浦の足が・・・2アウト1・3塁のピンチとなり5番・・・(八戸西高校の5番は強打者なのです)・・・打球は1塁三浦の横を抜け、走者一掃の2塁打となってしまいました。

2点先制されるも続く2・3回はスコアボードに共にゼロが刻まれました。

3回には1アウトから四球2つと暴投で1・2塁のチャンスとなるも4番八戸、5番堀内共にフライアウト・・・

4回は三浦のセンター前ヒットで始まるも、続く立田、竹内共に見逃し三振・・・完全に悪い流れながらも9番成田はライト前へヒットで出塁して2アウト1・2塁・・・迎えるバッターは1番滝本・・・ここで1本タイムリーが欲しいところ・・・その2球目が暴投となり更に2・3塁とチャンスが広がったところで、八戸西の監督は申告敬遠を采配して滝本を歩かせ満塁として2番石郷と勝負に出ました。キャプテン石郷は前半最大の山場ともいえるこのシーンで果たして・・・

しかし、野球の神様は微笑んでくれませんでした。石郷はあえなく空振り三振・・・(涙)

チャンスをものにできないこの流れをなんとか変えないといけないのですが・・・

ビッグチャンスの後はやはり・・・直後の4回裏四球から始まりショートのエラー、2本の単打と犠牲フライで2点追加され0対4と点差を広げられてしまいました。

5回・・・攻撃は3・4・5番がセカンドゴロ・空振り三振・セカンドフライと、相手エースに完全に押された攻撃になり守りにつきます。4回終了で滝本からの申告もあり八戸に交代したのですが、1枚も2枚も上手の八戸西の打線はしょっぱなから八戸を捉え、更にバント処理を八戸と堀内がお見合いする等のエラーも絡み・・・最後はレフトへの3ランHRが飛び出し、一挙6点奪われゲームセット・・・5回コールド負けとなりました。

八戸西高校のエースは四死球もあり、得点圏へランナーも進めチャンスを作ったのですがあと一本に泣き、更にこれまで無かったサード・ショートのエラー等も出てしまい、ほぼ自滅状態での敗戦・・・秋季リーグ戦から地区予選と1ヶ月間にわたり頑張ってきたのですが、ここで力尽きたといった感じです。

八戸西高校は翌日2回戦で東奥義塾高校を破り、昨日の準々決勝では八工大一高を7対1と撃破してベスト4に進出しました。いや~・・・やはり強いチームです。週末の準決勝・決勝・3位決定戦での更なる頑張りを期待し、東北大会出場を敗戦相手として祈りたいですね。

リーグ戦から県大会までご声援くださった保護者の皆様に、感謝申し上げます。