硬式野球部
2020.09.30

1年生研修大会地区予選1回戦 Vs青森明の星

9月26日(土)予定の試合が前日からの降雨で延期となり、同時に青森山田高校から1年生大会メンバーでの練習試合を申し込まれ、翌27日青森大学野球場で急遽行われるという週末の動き・・・

青森山田高校1年生チームには、2回に1点先制するも3回に同点とされます。5回に代わったピッチャーから1点勝ち越しするも、滝本~八戸と継投し変わった三浦亜5回につかまり、5安打、1四球、1失策で一挙6点取られて2対7で試合を折り返しました。

それでも6回、四死球2、失策1とわずか1本の安打で4得点となり、6対7と1点差まで詰め寄りました。しかし直後、三浦に代わった成田が四死球から1点奪われ、8回にもHRと暴投で2点追加され6対10で敗戦・・・

 

そして迎えた明の星戦・・・29日(火)平日ですが、練習で予約していた市営球場で夕方5時過ぎにプレイボール・・・

専攻初回2アウトながらも工藤・八戸の2安打で1点先制します。更に2回、ショートエラーで出塁した長内を続く石郷が初球犠打成功させ1アウト1塁・・・続く竹内は四球を選び1・2塁の絶好の追加点チャンスを迎えます。ベンチからはしつこいくらいに牽制アウトに注意するよう声がけしていたのですが、1塁竹内はあえなくキャッチャー牽制でアウトとなりチャンスを潰し流れが傾きました(涙)

案の定その裏、先頭5番がショート後方のポテンヒットで出塁・・・2アウトとしますが8番バッターの出したバットがたまたま面を捉えてセンターオーバーの2塁打となり同点とされてしまいました。

3回の攻撃は三者凡退・・・流れはますます悪くなります。3回にはボテボテのセカンドゴロを竹内守り切れず内野安打とし、2アウトとするもここで出ました、痛恨の暴投・・・1対2と逆転されてしまいました。

得点のチャンスは4回、5回とあったものの走塁ミス等で得点につながらず、流れは悪いまま試合は終盤へ・・・

迎えた7回、1アウトから1番滝本がセンター前安打、2番三浦がライト前安打、そして3番工藤・・・工藤は初回の安打以降、2・3打席は内角低めにまったく手が出ず2打席見逃し三振・・・しかしその工藤は2ボール2ストライクからの5球目をジャストミート・・・打球は夜空に弧を描きライトスタンドへ飛び込み3ランHRとなり4対2と逆転しました。

その裏からマウンドに上がった八戸は、残る3イニングを三者凡退に抑えて勝利をもぎとりました。

2回戦は工業高校Bチームと対戦することになります。次もチーム10人でシッカリ勝をもぎとってほしいものです。