硬式野球部
2020.10.14

創部初の県大会出場・・・1年生研修大会

10月10日(土)場所を青森県営球場に移して、1年生研修大会準決勝が行われました。対戦相手は青森南高校・・・この試合に勝利すれば県大会出場が決まる大事な試合・・・

試合は初回滝本のヒットから1点先制し、更に3回、4回に3点ずつ追加・・・4回に1点返されるも7対1で試合を折り返しました。そして7回・・・工藤の2塁打、八戸の内野安打から続く堀内のセカンドゴロで8点目が入りました。

先発滝本は4回に1失点のみに抑える好投・・・7回を完投し、被安打4、四死球無し、三振13(本当は14個だったのですが・・・)で、7回コールド勝利を導いてくれました。

勝利と同時に初の県大会へのキップを手にしたわけです。

 

翌11日(日)は青森山田高校Aとの決勝・・・初回先攻山田高校に1点先制されるも直後、三浦、八戸の2安打で1点返し同点としました。しかし続く2回、青森山田は前日の疲れが見える滝本から3安打をもぎとり1点勝ち越します。続く3回には3番にライトへソロHR4番に左中間3塁打を浴び、この回2点追加され1対4とリードを広げられてしまいます。

4回からは八戸がマウンドへ・・・先頭バッターを四球で出すも2盗を堀内が牽制で刺す等、スコアボードに「0」を点灯させました。その裏、1アウトから堀内が四球で出塁・・・鈴木が初球でシッカリ犠打を決め2アウト2塁と得点のチャンスを作ってくれました。そしてキャプテン石郷がライト前へタイムリーを打ち1点返しました。しかし、その後は淡白な攻撃続き追加点を奪うことができません。

八戸は、5回以降も再三ピンチを抱えながらも粘りの投球を続けスコアボードへ「0」を点灯させつづけました。試合は2対4のまま最終回へ・・・しかしこの日3回にHRを放った山田高校3番が、またしても本日2本目となる初球瞬間ソロHRをライトへ放ち5点目を奪われてしまいました。

試合は2対5で敗戦・・・それでも、部員たちは頑張ったと思います。春の大会(公式戦)がなかった今年ですが、創部以来初めてこんなに遅い時期まで公式戦が続いています。残すは、県内で8校しか出場できない1年生研修大会県大会・・・まずは1勝目指して頑張ってほしいものです。

ご声援いただいた保護者の皆様、ありがとうございました。